パズル

中毒性の高い、究極にシンプルなパズルゲーム【2048】

 こんにちは。こんにちは。うくんです。

今回は、「2048」のパネルを目指して組み合わせていくパズルアプリ【2048】をレビューしていきます。

中毒性のある本作。僕も時間があっという間に過ぎてしまうほどハマったパズルアプリです。

 

「2048」のパネルを目指せ!

【2048】は思わずハマってしまう中毒性の高いスライドパズルゲーム。

4×4のマスに順に表示される数字をスライドし、合成して2、4、8、16、32…と数字を大きくしていきます。
また、同じ数字出なければ合成が出来ないので、プレイを進めていく中で難易度がどんどん上がっていきます。

 

マスが全部数字で埋まりスライド出来なくなるとゲームオーバーになるという、極めてシンプルなルールなんですが、どういうわけかハマってしまう中毒性があります。

 

タイトルの通り「2048」を作るのが当面の目標になります。

世界中のプレイヤーの中には「4096」「8192」、それ以上を作るプレイヤーも存在しますが、まずは「2048」を目指してプレイしましょう!

 

「2048」の一番の特徴は中毒性の高さ

本作の特徴は、何といってもその中毒性の高さです。

シンプルなので淡々とプレイが出来る。
その中で頭も自然と使うので、気づかないうちにのめり込んでしまいます。

 

ゲームの始めは、ただ積んでいくだけでもOKです。
徐々に頭の中に組み合わせのイメージが出来て上達してきます。

僕も、最初の内は「512」のパネルで足踏みをしていましたが、急にその上を行けるようになりました。ホントにプレイしているうちに、すんなりと記録を更新するときが現れます(笑)

 

「2048」ゲーム攻略のポイント

階段状に「8」絡みの数字を積み上げていく方法は、大きい数字が増えるにつれてかなり有効です。

「16」「8」
「32」「16」「8」
「64」「32」「16」「8」

このようにまとめることによって、ブロックの動かせる領域を確保しながら連鎖的にブロックを消せれるようにする。
つまり、ゲームオーバーになる「詰み」を防ぐ方法になります。

そのためにはまとめる方向以外に移動させない必要があります。
基本的に左か右。そして、下のスペースをメインにまとめていき、上のスペースは必要に応じて数字をまとめる時に使うのがオススメ。

スムーズに大きい数字まで到達することもできるため、より大きい数字を狙うのにも効果的になります。

 

ゲームの流れ


オープニングはなく、タイトル画面もありません。
本当にシンプルな構成です。

 

左か下のスペースと前述しましたが、もちろん右と下のスペースがやりやすい方はそちらでもOK!
試しに右のスペースに積んでいく方法でやってみましたが、僕の場合は左のスペースに積む方がやりやすく感じます。

 

画像のように、中央に大きい数字が着てしまうと積みやすくなります。

出来るだけ右端・左端のスペースに大きい数字を持っていけるようにするのも、大きいパネルへのコツと言えます。

 

「2048」のパネルを完成すると【You Win!】と表示され「2048」達成をお祝いする画面が表示されます。

ここが最初の目標です!

ちなみに、「2048」を達成すると次の「4096」「8192」のパネルを目指すことが出来ます。

まとめ